ラムドン省カンブット中学校から、奨学金授与式の写真が届きました。

2019-2020_Kambutte

 カンブット中学校から、10月11日に行われた、2019-2020年度のFUJI奨学金授与式の写真が届きました。
 なお、カンブット中学校の校長先生から、事前に、

奨学金1,200,000ドンの中から、1,000,000ドンは現金で贈り、残る分は現物支給(ジャンパー:1枚、制服:1着、帽子:1個)にしたい。

という要望があり、了承しました。
 いままで、他の学校からこのような要望を受けたことはありませんでした。
 この要望には、生徒たちがみな、学校で定めた制服などを身につけて学校に来てほしいという、先生方の思いが感じられました。
 カンブット中学206名の在学生は全員少数民族の生徒で、先生方は、いかにして生徒に学校へ来てもらうかで精いっぱいです。生徒たちは、家庭で何かやることがあると、簡単に学校をさぼってしまう。先生が家庭訪問して、生徒を学校に通わせるように懇願しなければならない。場合によっては夜、生徒の家に教えに行くこともある。女性教員の場合、自分の子どもの面倒を見ないで他人の子どものために頑張るから、夫に非難されたり冷たくされることもあるそうです。
 授与式の写真には、おそろいのジャンパーを着て、おそろいの制服を手にした生徒たちの笑顔がうつっています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください