チャット・ビン (CB) 中学校:新年度開始の様子

ベトナム北部ニンビン省キムソン県にあるチャット・ビン中学校のHa校長先生は、去年の春、着任しました。すでに新型コロナウイルスの感染流行が世界的に始まっていて、まだ学校を訪問することができず、Ha先生にお会いできていません。
今回は、新型コロナウイルス感染が拡大しているなかで迎える新年度の始まりの様子をメールで知らせてくれました。
メールには、私たちFUJI教育基金のメンバーの健康を気遣うていねいなことばが記されていましたが、それは割愛して、学校を取り巻く状況の部分だけ紹介いたします。
なお、学校は校舎の新築・改修などを行っていて、校門もあたらしくなりました。上の写真は、新しくなった校門です。

新型コロナウイルスの感染状況

キムソン県では、約1万9,000人が他の省に出かけて働いています。
感染症流行のために毎日多くの人が故郷に帰ってきており、数百人は多くのリスクを運んできます。
これまでのところ、F0の症例はすべてCon Thoi野戦病院治療エリアのCau Yen Hoa Lu clinicに運ばれ、F1は20以上の隔離エリアに置かれ、一部の十分な状態にある世帯は自宅で自己隔離します。 8月24日には、地域社会でも陽性者が出て、Con Thoi市場のような人混みを動いていたため、地域社会で流行が広がるのではないかと心配されました。
ニンビン省人民委員会は、指令15として地区に社会的距離を置くことを決定しました。流行地域はレッドゾーン16です。

生徒を迎える教室の準備

新学期開校とオンライン教育の課題

社会的距離のために、私たちの教育も影響を受けます。 2021年9月1日の開校、9月5日の学年度開始を、9月13日に遅らせる必要があります。ただし、数日前に、オンラインで教えるためのすべての条件を整えました。
都市部ではオンライン教育の条件整備は簡単ですが、農村部では教師と生徒の両方にとって、条件整備は非常に困難です。
携帯電話を持っている学生の数は60%です。多くの家庭、特に感染症流行のために職を失った家庭は依然として食べるものにも困っています。オンラインで学習できない場合は、教材を印刷し、生徒に課題を配ります。
最初の9月6日のオンライン授業を終えたあと、オンライン授業効果について、安心できるかまだ心配です。

生徒を迎える教室の準備

以前の日常に戻れるように

私は、コミュニティでF0ケースがなくなり、9月9日で社会的距離期間が終わり、生徒たちがクラスの前で笑ったり話したりできることを願っています。
私たちは幸せです。間もなくベトナムのワクチンが認可されて生産されると、ベトナムの人々は社会的免疫を獲得して、生活は以前と同じように美しいものになることを誰もが知っています。
そして、皆様をベトナムへ、そして皆様の学校へ迎えて、素晴らしい一日を過ごしたいと願っています。
その日まで、どのくらいかかるでしょう? その日を楽しみにしています..

校長先生

生徒を迎える校舎の整備

今年は241人の子供たちが在籍し、8つのクラスに分けられ、各学年それぞれ2クラスずつあります。総じて子供たちは良い子で、勤勉です。
この夏、学校はまた、地域社会の委員会が投資して、4つの新しい教室を建設し、校庭と駐車場を整備しました。
ただし、レベル4の古い校舎は修理されておらず、トイレ、職員室棟、生徒の駐輪場、先生方の駐車場はまだニーズを満たしていません。国家標準学校の認定要件を満たすために、今後数か月以内に改修する必要があります。

生徒を迎える教室の準備

教育への決意

多くの困難がありますが、私はいつも皆様とともに挑戦します。私と生徒たちは、学年度のすべての課題を完遂することによって、皆様が私たちに与えてくれた努力と愛情の一部でも恩返しできるように頑張ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください