「最後の楽園」 コンソン島を紹介します。

コンソン島

ベトナム最後の楽園と呼ばれるコンソン島 (Côn Sơn) は、南シナ海に浮かぶコンダオ諸島 (Côn Đảo) のなかでいちばん大きく、ソクチャン省の南東約80km、ホーチミン市の南方約230km、ブンタウ市の南南東約200kmにある島で、北緯8.6度、南シナ海にあります。
アオウミガメの産卵地として知られ、ジュゴンやイルカなどが生息し、サンゴ礁やマングローブなどの豊かな生態系は、環境保全地域として保護されています。

コンソン島のメイン道路
コンソン島のメイン道路

どこまでも青い空、海底に波の紋様が絶えずかたちを変えて映っている澄んだ海。ゆったりとした時間が流れているコンソン島を、“ベトナム最後の楽園” コンソン島 で紹介します。写真は、2014年春に訪問したとき撮ったものです。

目  次
1 海
2 海辺のcafe
3 いちば
4 中心部たんぼう
5 コンダオ寺とハンズオン墓地
 5.1 コンダオ寺
 5.2 ハンズオン墓地
 5.3 ヴォ・ティ・サウ公園

*  *  *  *  *

トラの檻
トラの檻

コンソン島には、先史時代にまださかのぼれる歴史があります。16世紀から、ポルトガル、フランス、イギリスがやってきて、1861年にフランスが占領します。そして、この島は、悔い改めない政治囚などの流刑地になり、45年前まで「地獄」がありました。これは、人類が忘れてはならない歴史です。その貴重な文化遺産を「「トラの檻」(政治犯収容所)があったコンソン島」で紹介します。

目  次
1 コンダオ収容所
2 フランスによる植民地統治時代につくられた収容所
 2.1 フートゥオン収容所 (Trai Phu Tuong; French Tiger Cages)
  2.1.1 集団房
  2.1.2 トラの檻(フランス式)
   2.1.2.1 真上から容赦なく、じりじりと照りつける灼熱の太陽。日射を遮るものがない青天井の独房。
   2.1.2.2 トラを調教するように、天井の鉄格子から看守が棒で突いたり薬品を振りかける監獄
  2.1.2.3 資 料
 2.2 フーハイ収容所 (Trai Phu Hai)
 2.3 フート(Phu Tho)収容所
3 アメリカによる侵略戦争時代につくられた収容所
 3.1 フービン収容所 (Thai Phu Binh; American Style)
 3.2 フーアン収容所 (Thai Phu An)
4 コンダオ博物館で知るコンダオの自然と歴史
 4.1 コンダオ博物館
 4.2 ベトナムの歴史とコンダオの歴史(コンダオ博物館での展示をもとに構成)
 4.3 コンダオ刑務所内での驚くべき闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください