ベトナム南部キエンザン省を紹介します。

運河

キエンザン省 (Tỉnh Kiên Giang) は、ベトナム南部メコンデルタ地方の海に面した省です。 ハティエン市は、キエンザン省の東の端にある港町で、カンボジアとの国境の街であり、フーコック島への玄関口です。ここは、いまから300年以上昔、清朝が強制した「辮髪 (べんぱつ)」を受けいれることができなかった中国明朝の将軍 Mac Cuu によって開かれました。短時間ですが回ったスポットを紹介します。

そのあと、隣のカマウ省の省都カマウ市に移動しました。長距離バスから撮った沿道の写真を紹介します。

ハティエン市を出発し、カマウ市に向かって230kmの道のりを走るバスは、1時間ぐらいは海岸線を進みますが、その後は運河に沿ってすすみます。運河沿いの道は、どこかのんびりしていて、ベトナムでは当たり前なチキン・ゲーム状態の追い越しも、ほとんど見られません。また、道路を歩いている人の姿を見かけるのも、めずらしい光景でした。半面、道路をながめながら気だるげに座って、煙草を吸いながらコーヒーを飲んでダラダラしている男性の姿は、記憶に残っていません。
カマウ省にはいって、どこまでも真っすぐ伸びる快適で、両側が緑いっぱいの道路は、しかし、お店が所々にしかなく、生活感がありません。

タイランド湾に面した200kmの海岸線をもつキエンザン省」をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください