ベトナム南部カマウ省を紹介します。

国道1A号線終点のモニュメント

カマウ岬は、国道1A号線の終点であり、Mốc tọa độ GPS 0001(GPS 電子基準点 0001)が設置されているベトナム最南端の地です。

カマウ岬の先端部はカマウケープ国立公園として開発が規制され、マングローブの森広大な干潟が広がり、ムツゴロウやカニなどが生息して鳥たちが飛び交う自然ゆたかな地になっています。

しかし、半世紀近くまえのベトナム戦争時、 このあたりは 解放戦線と米軍との激しい戦闘が繰り広げられ、解放戦線の補給路を断つために米軍が大量の枯れ葉剤を散布した地域です。植生は回復しても、散布された枯れ葉剤は、2世、3世にわたって被害者を生み出しています。

2019年10月、カマウ市からハイドロジェットボートでカマウ岬の先端まで行き、カマウケープ国立公園内のホームステイに泊まりました。2回に分けてカマウ岬を紹介します

ベトナム最南端のカマウ岬 Đất Mũi Cà Mau-1

目  次
1 カマウ市から ハイドロジェットボートで2時間45分、カマウ岬へ移動
 1.1 カマウ市:ボート発着場
 1.2 ゆきかう舟
 1.3 途中の町
 1.4 停舟場(?)で乗り降りする人、荷物
 1.5 ハイドロジェットボートからの景色
2 カマウ岬のモニュメント
2.1 国道1A号線終点のモニュメント(Đài quan sát rừng Cà Mau)
 2.2 国道1A号線終点のモニュメントから見た景色
 2.3 帆船のモニュメント Tượng Đài Mũi Cà Mau
 2.4 電子基準点GPS0001のモニュメント(Mốc tọa độ GPS 0001)
 2.5 カマウ岬は、工事中
 2.6 カマウ岬の売店・レストラン
 2.7 観光用電気自動車
 2.8 マングローブの森を歩く体験
 2.9 カマウ岬で見た看板

ベトナム最南端のカマウ岬 Đất Mũi Cà Mau-2

目  次
1 カマウ岬に広がるマングローブの森と干潟
 1.1 マングローブの森をモーターボートでまわる
 1.2 干潟のいきもの
  1.2.1 干潟の風景
  1.2.2 干潟の鳥
  1.2.3 干潟のムツゴロウ、カニ
2 カマウ岬でホームステイ
 2.1 ホームステイのお宅と食事
 2.2 ホームステイ宅の池で手漕ぎボート遊び
3 カマウ岬からカマウ市へハイドロジェットボートで3時間、さらに長距離バス6時間で深夜のサイゴンへ
 3.1 来たときとはちがう、ジェットボートの発着場(Đất Mũi)へ
 3.2 カマウ市の舟着き場に戻る
 3.3 スリーピングバスでサイゴンへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください