ニンビン省にあるユネスコ世界複合遺産「タムコック = ビックドン景勝地」を紹介します。

タムコックは、2014年の第38回世界遺産委員会で世界遺産として登録された「チャン・アン複合景観」に属しています。
女性船頭さんが手で(時には足で)漕ぐ小舟に乗って3つの洞窟をくぐり抜けながら、「陸のハロン湾」あるいは「ベトナムの桂林」ともいわれる景勝を見てまわります。この辺りはカルスト地形で、隆起した結果、現在のような景観になりました。かつては海のなかにあったそうです。

ビックドン寺院から

さらにビックドン寺院やタムコック周辺の見どころをたっぷり写真で紹介します。
タムコック = ビックドン景勝地」をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください