風水による世界遺産「胡朝の城塞 (Citadel of the Ho Dynasty)」

胡朝の城塞

ベトナムには、ユネスコ世界遺産がいくつあるかご存じですか?
いちばん観光客の少ないところは、どこだと思われますか?

1. フエの建造物群(文化遺産 / 1993年登録)
2. ハロン湾   (自然遺産 / 1994、2000年登録)
3. 古都ホイアン (文化遺産 / 1999年登録)
4. ミーソン聖域 (文化遺産 / 1999年登録)
5. フォンニャ-ケバン国立公園 (自然遺産 / 2003、2015年登録)
6. ハノイ-タンロン王城遺跡中心地区 (文化遺産 / 2010年登録)
7. ホー王朝の城塞 (文化遺産 / 2011年登録)
8. チャン・アン複合景観 (複合遺産 / 2014年登録)

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 > 世界遺産リスト > 地域別リスト(アジア②) > ベトナム社会主義共和国

ホー王朝の城塞(胡朝の城塞)を2015年に訪れたとき、世界遺産に登録しているにもかかわらず観光客は数人で、静かに、どっしりと、広い平地に在りました。
ここはハノイから遠く交通不便なところなので、もともと訪れる人が少ないうえに、訪れても「なんだ~!」とがっかりする方が多いようです。
ベトナムにある他の世界遺産にくらべて、たしかに地味です。
でも、歴史や成立思想について知ると、その価値がちょっぴり分かってきました。

風水による世界遺産「胡朝の城塞 (Citadel of the Ho Dynasty)」」で写真を中心に紹介しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください