ゲアン省ヴィン市の名物料理

チェー

8月にヴィン市を訪れたとき食べた料理です。ヴィン市ならではの料理、古都フエ風の料理がありました。
ヴィン市で訪れたところの紹介は、「ゲアン省の省都ヴィン市と、革命家の生家を訪問」をご覧ください。

ウナギ料理

ヴィン市の名物料理は、まずウナギ料理。スープと焼き物をいただきました。
スープには、フランスパンを浸したり、ベトナムせんべいを小さく割って入れて食べます。日本のウナギに比べたら細くて小さく、ドジョウのようです。ホテルでも、ある日のの朝食バイキングに出ました。

ヤギ料理

臭みもなく、やわらかい肉で、美味しかったです。サツマイモの葉っぱのスープは、ねっとりして喉を滑らかに通って、やさしい味でした。

バインセオ(フエ風)

皮が厚くて、 小さいバインセオです。古都フエのバインセオとのことで、このあたりは、文化的にフエの影響が大きいのでしょうか。女将さん(?)が、バインセオを作っているところを見せてくれました。ここは、串焼きも美味しいです。

魚料理(鍋)

川魚です。このあたりで獲れるという白い魚。とても身がやわらかく、箸でつかもうとすると、崩れてしまいます。スープは、豚骨スープと、カニ味噌(川の蟹)スープとの2種類から選べます。とてもお腹がいっぱいになりました。
もちろん、揚げトウモロコシ、茹で南京豆はスープには入れません。おつまみです。

忘れちゃいけない、スイーツ

チェーを食べました。
トッピングには、タピオカ、セリー、紫イモ、豆類、ココナッツ、等々からいくつでも選べます。
欲張って、いっぱい頼んだら、満腹を通り越してしまいました。でも、完食です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください